​エルトルカル

NHK 「グレートネイチャー」でその存在を知り訪問。

エルトルカルは石灰岩でできたカルスト地。約2億年前現在のヨーロッパや中東の大部分にはテチス海がありました。約1億7,500万年をかけ海洋生物の死骸や貝殻が堆積し、また異なる環境条件により異なる堆積層を生み出しました。約1,800万年前、アルプス造山運動により1,000メートル以上も隆起し地上に現れた石灰岩は、雨水による侵食が始まりますが堆積層の違いにより侵食されやすいところとそうでないところの差により今のような独特な風景を生み出したそうです。

下の写真最後の方にある階段はアンテケラの町中、アルカサバの隣りにある「Real Colegiata de Santa María la Mayor」教会の”赤大理石”。ですが、大理石ではなくエルカルトルで採れた石灰岩だとNHKで説明されていました。大理石は石灰岩が接触変性で再結晶したものですのでややこしいですね。

(2019年4月)

Torcal de Antequera

WIP   (2019.April)

El Torcal

Ctra. A-7075, 29200 Antequera, Málaga, Spain

​Email : geologyjapan@gmail.com​​

© 2017 山澄企画