鳥取砂丘

中国山地の花崗岩質の岩石が千代川を下り砂となり、海に流れ出た砂がは​波浪や強風により陸地に運ばれることにより作られた鳥取砂丘。主に北西の季節風により砂が陸地に運ばれるようですが、訪れた時は春でしたが強い風が吹き馬の背では砂が全身を叩くため立っていられないほどで「この強い風が砂丘を作る要因の1つなんだ」と実感することができました。(2018年5月)

Tottori Sand Dune

 Tottori sand dune is the second largest dune in Japan (The largest one is forbidden area due to self defense zone). The dune has been created by sand that granitic rocks in Chugoku Mountains eroded and carried to the sea down the Sendai river. The sand arrived to the sea has been blowed up by strong wind, especially by north west monsoon and formed the sand dune.  (2018. May)

〒689-0105

鳥取県鳥取市福部町湯山2164-661

http://sakyu-geoparkcenter.jp

http://www.tottori-guide.jp/tourism/tour/view/6

馬の背(Umanose)
馬の背から見渡す(overlooking from Umanose)
風紋(wind ripple)
砂柱(wind ripple)
火山灰露出地 (Volcanic Ash Outcrop)
火山灰露出地 (Volcanic Ash Outcrop)
火山灰露出地 (Volcanic Ash Outcrop)
馬の背を望む(looking over Umanose)
もっと見る

火山灰層露頭

鳥取砂丘の成立は14-15万年前​にさかのぼると考えられていますが、その間火山灰が堆積した時代もありました。下の写真1枚目の右側にポールが写っていますが、オレンジ色の地層が火山灰が堆積した時代で、大部分は5万年前の大山の噴火で飛んできた黄褐色の軽石からなるそうですが、下には阿蘇4火山灰(9万年前)や三瓶木次軽石(11万年前)、上には姶良Tn火山灰(約2.5万年前)も混じっているそうです。ポールの白い部分は砂丘層で、下の砂丘層が「古砂丘層」上の砂丘層が「新砂丘層」と呼ばれています。

Volcanic Ash Layer Outcrop

Creation of Tottori sand dune is believed started back to 150,000 to 140,000 years ago. Since that time until now, there was era volcanic ash was deposited. The orange color area of the pole photographed right side of the picture shows that period, mostly consists of pumice from Daisen Mountain erupted around 50,000 years ago. Aso-4 volcanic ash (about 90,000 years ago) and Sanbe Moutain pumice (about 110,000 years ago) have also been found.  Layers showed white on the pole are sand layers, above and below of the volcanic ash layer.

オレンジ色の部分が火山灰層
もっと見る

​Email : geologyjapan@gmail.com​​

© 2017 山澄企画