丹波市立 水分れ資料館

​丹波市にあるにある「本州一低い中央分水界」。その名が示す通り、降った雨(水)の一方は瀬戸内海へ、もう一方は日本海へと注ぐ分界地点です。

最も低い場所で95mとなっており、仮に海面が100m上昇すると「この地点を通って本州は真っ二つになってしまうかもしれない」、ということも想像できます。

余談ですが瀬戸内海側から日本海側への運転で、内陸に来ても疲労をあまり感じなかったのは、勾配が少なく山間を抜ける道が走っているからだと気づきました。

(2018年8月)

Miwakare Museum

(2018. Aug)

〒669-3464
兵庫県丹波市氷上町石生1155

http://www.city.tamba.lg.jp/site/kyouiku/smiwakare.html

水分れ資料館
大阪のカエルと丹後のカエルが出会う場所、なるほど。
周辺の地形
ジオラマと説明ビデオ
本州の分水界
分水地点
説明図
もっと見る

​Email : geologyjapan@gmail.com​​

© 2017 山澄企画