小安峡大噴湯

皆瀬川が刻んだV字谷の小安渓谷は高低差60m。その60mを遊歩道で下ったところに大噴湯があります。大噴湯がある谷底の辺りは鮮新世の三途川層、凝灰岩質砂岩・シルト岩互層で、その層理面(岩の割れ目)から”ゴーッ”という迫力のある音を出し温泉が噴出しています。熱源は20−30万年前に活動した高松岳や木地山火砕流等の残存マグマと考えられています。(2018年7月)

Oyasu Gorge Daifuntou

 (2018. July)

012-0183

秋田県湯沢市皆瀬新処

​Email : geologyjapan@gmail.com​​

© 2017 山澄企画