支笏湖

約4万年前に起こった巨大な噴火で生まれたカルデラ湖。お隣の洞爺湖が約11〜5万年前の活動により生まれたと言われていますので、洞爺湖の後に誕生した湖ですね。

支笏湖から見渡すと周りには3つの山が見えます。古い順で、湖のすぐ南にある風不死岳(ふっぷしだけ)は約2万年前に支笏カルデラの中で、恵庭岳(えにわだけ)は約1万3000年に支笏カルデラの北西壁近くで、樽前山(たるまえさん)は約9,000年前に支笏カルデラの南東壁上での火山活動により誕生したと考えられています。それぞれ火山砕屑物からなる成層火山で、溶岩ドームも形成されています。中でも1909年にできた樽前山の溶岩ドームは遠くから見ても台形状で特色があり、ジオ好きとしては一度は訪れてみたい場所です(日程の都合で今回は登れず)。(2018年9月)

​Lake Shikotsu

WIP

 (2018.Sep)

北海道虻田郡洞爺湖町

​Email : geologyjapan@gmail.com​​

© 2017 山澄企画